ブルーバッファロー社のドッグフードは品質が高い?

ブルーバッファロー社のドッグフードは品質が高い?

ブルーバッファロー社では、良質なドッグフードを出しており、今までに「ブルーウィルダネス」というドッグフードを出していましたが、現在日本では取り扱いがありません。その代わりに「ブルー」というドッグフードを発売し始めました。
当ページでは、このブルーとブルーウィルダネスという商品についてご説明していきます。

 

ブルーウィルダネスは伝説のドッグフード?

 

ブルーウィルダネスは入手困難なドッグフードとしてよく知られていました。一部の愛犬家達の間では、知る人ぞ知るドッグフードでしたが、現在では発売中止となっているので、まさに伝説のドッグフードです。

 

発売中止となったブルーウィルダネスは、高タンパクの上に穀物不使用のドッグフードだったので、一部ではとても評価が高かったものです。アメリカのブルーバッファロー社によって、今でも製造されていますが、海外との取引を打ち切る事になってしまったので、日本では現在取り扱いがありません。

 

楽天市場には2015年8月まで取り扱いがあったようですが、それ以降入荷されていないため、今後も復活はあまり考えられないと言えでしょう。

 

その代わりに、昨年2016年7月からは、ブルーバッファロー社から新たに「BLUE」(ブルー)というドッグフードが発売されるようになりました。

 

ブルーについて

 

ブルーは自然素材のみを使用しているだけあり、ワンちゃんの体に非常にいいとされています。原材料にはチキンミールが含まれていますが、公式ホームページでは副産物はいっさい使用していないと明記されています。

 

ブルーは今流行りのグレインフリーと違ってグレインが含まれていますが、大麦や玄米などの穀物を除いたら、原材料はまさにワンちゃんにとって安心できるものばかりです。
添加物も天然成分という事もあり、犬に安心して与えられる優良ドッグフードです。

 

ただし楽天やアマゾンでは取引がないので、入手するには取り扱い店舗まで足を運ばなければならず、お近くに取り扱い店舗のない飼い主さんにとっては、入手するのは難しいかもしれません。