ドッグフードに含まれるラム肉とチキン、どちらがいいの?

ドッグフードに含まれるラム肉とチキン、どちらがいいの?

ドッグフードの中には、ラム肉を使っているものもありますよね。原材料を確認した時に、ラム肉と記載がたて、「ラム肉なんて使うのかぁ!」と不思議に感じた飼い主さんもいるのではないでしょうか?
ドッグフードの主成分としてはよくチキンが挙げられますが、ラム肉でも問題ないのでしょうか。
当ページでは、ドッグフードに使われるチキンとラム肉を比較していきます。どちらがいいか迷っている人などはぜひご参考にしてみてください。

 

ラム肉とチキンの違いって?

 

ラム肉とチキンの大きな違いは、アレルギーになりにくいかどうかの違いです。
まず、ラム肉は羊の肉のことで、チキンは鶏肉ですよね。
二つとも動物性たんぱく質であり、ワンちゃんの成長や健康維持には欠かせない成分をたっぷり含んでいます。

 

ラム肉は、他の食肉よりもアレルギーを引き起こしにくいと言われているので、ワンちゃんのアレルギーが心配な人は、ラム肉入りのドッグフードを選んでおくと安心です。
犬の健康に気を使うのであれば、少々値段が上がってもラム肉入りのドッグフードを選んでおくべきでしょう。

 

チキンが入っているとワンちゃんの食欲増進する

 

チキンがドッグフードによく使われているのは、嗜好性が高いからです。そのため、チキンのおかげでワンちゃんの食い付きがよくなる事があります。
チキンにもたんぱく質はたっぷり含まれているので、食欲減退していたワンちゃんも食欲旺盛になる事が期待できます。

 

まとめ

 

いかがでしたか。
ラム肉はチキンと比べてアレルギー反応が出にくいといのがわかりましたね。勿論、ラム肉を使っているからといって、絶対大丈夫というわけではありません。
チキンだからといって食い付きが絶対いいとも限りません。あくまでもアレルギーに気を使うならラム肉入りのドッグフードを、食欲を出してほしいならチキンを使うといいということですね。