ドッグフードに含まれるチキンの魅力

ドッグフードに含まれるチキンの魅力

ドッグフードにはよくチキンが含まれていますよね。原材料を確認してみると、チキンが主成分に含まれている事が非常に多いです。本来ワンちゃんは肉食動物なので、チキンを含むドッグフードであれば、チキンのいい匂いにつられて食いつきがよくなるでしょう。

 

しかしチキンはワンちゃんにとってただおいしいだけでなく、成長や健康促進にも役立つものです。
それでは、具体的にチキンの何が犬にとっていいのかみていきましょう。

 

チキンは高タンパク・低カロ・低脂肪

 

チキンはお肉の中でも、低カロリーなのにたんぱく質が非常に豊富です。そのため、チキンを食べていればカロリーはとりすぎずに、高たんぱくが摂取できるわけですね。
脂肪も少ないので、ワンちゃんの太りすぎ防止になります。

 

牛肉ほどではないものの、チキンが主原料になっているドッグフードも最近多いです。牛肉や豚肉と同じように、チキンにも良質なたんぱく質がたくさん含まれているので、ワンちゃんの動物性たんぱく質を補う時、チキンでも十分なのです。

 

しかも、牛肉や豚肉は脂肪も高いですがチキンであれば低脂肪なので、ダイエットにも効果的です。たくさん食べてほしいけれど太ってほしくない、あるいはもうすでに太り過ぎていえるけれどちゃんと食べてほしいという場合などに使えるでしょう。

 

美容にいいとされるコラーゲン、ビタミンも豊富なので、ワンちゃんの肌トラブルにも効くとされています。

 

健康効果がこんなにある!

 

チキンはワンちゃんの健康に役立つと言われているのは、肝機能に良メチオニンや、コレステロールを下げてれる働きがあるからです。チキンの中にある脂肪がコレステロール値を下げてくれると考えられています。

 

終わりに…

 

いかがでしたか?
肥満気味のワンちゃんには、牛肉や豚肉を使用したドッグフードよりも、チキンをたくさん使ったドッグフードの方がおすすめですね。