ドッグフード「愛犬元気」で愛犬元気になれる?

ドッグフード「愛犬元気」で愛犬元気になれる?

ドッグフードの中には「愛犬元気」という面白い名前のドッグフードがあります。
このドッグフードはあまりおすすめできないという噂がありますが、それは本当なのでしょうか?
また、どのような理由ですすめられないのでしょうか。当ページで明確にしていきます。

 

添加物も使われている

 

愛犬元気には、色を綺麗に見せるために着色料やドッグフードや保存をもたせるための酸化防止剤がたくさん含まれています。

 

危険な添加物と言われるBHAやBHT、エトキシキンなどは入っていないので安心しましたが、それでも大量の添加物が含まれている事を考慮すると、少し躊躇してしまいますよね…。

 

穀物が含まれている

愛犬元気に含まれる原材料をみてみると、原材料の一番初めに「穀物」がきています。ということは穀物が主成分ということになりますね。

 

穀類が主原料のドッグフードに対して、愛犬家たちは非常に厳しい見方を示します。
穀物は腸の働きをサポートしてくれる事もあるので決して「悪」ではありませんが、これが主原料になってしまうはまた話しが違ってきます。

 

ワンちゃんはもともと肉食動物ですが、穀物の消化についてはすごく苦手です。愛犬家の間で穀物不使用のドッグフードが好まれているように、穀物はそもそも犬の体に合いません。
特にトウモロコシや小麦は、犬がアレルギーを発症しやすい原材料なので注意しなければいけません。

 

まとめ

 

愛犬元気には不安な成分や原材料が使われているため、悪い噂もあるようです。コストが安いのは大きな魅力ですが、ドッグフードの原材料によってワンちゃんの健康も大きく変わってくることを考えれば、愛犬元気はワンちゃんに使うのは心配ということになりますね。相性もあるのでひょっとすると合うワンちゃんもいるかもしれませんが、買う前には一度確認しておきましょう。