小型犬・室内犬におすすめのドッグフードランキング@無添加

小型犬・室内犬におすすめのドッグフードランキング@無添加

チワワにおすすめのドッグフード

 

・チワワとは
チワワは多くの方が知っていると思いますが、特徴は小さくて愛らしい犬という感じでしょう。小さな身体と丸い瞳でかわいい犬の代表ともいえます。しかし、チワワを飼っている飼い主さんは悩みが多いということを知っていますでしょうか。その中で多い悩みというのがドッグフードを食べないというものです。小柄なので食べないのではと疑問に思っていると思いますが、小さいから食が細いということではありませんので別の理由があるかもしれません。

 

・種類が多すぎて困る
今やドッグフードの種類は数え切れない程あることでどれを選んでいいのかわからず困ってしまう方もいます。長生きして欲しい、健康でいて欲しいとなるとさらにどれがいいのか悩むと思いますし、しっかりと選んでも食べてもらえなかったら意味がありませんし、次にまた選ぶときに悩んでしまうというサイクルに陥ります。

 

では、解決策として覚えていてもらいたいのですが。チワワはそもそも肉が大好きです。肉は胃腸に負担をかけるからといって野菜メインだったり穀類メインだったりにしている方もいますが、逆に負担になることがありますし、そもそも犬というのは肉食動物ですのでお肉メインのドッグフードを与えることをオススメします。選び方としては添加物が入っていない無添加のドッグフードで動物性タンパク質が豊富に含まれているものがいいでしょう。また、チワワは身体が小さく、もちろん口も小さいので食べやすいような大きさのものを選ぶことをオススメします。

 

ヨークシャテリアにおすすめのドッグフード

 

・ヨークシャテリアとは
被毛がつやつやして美しいのが特徴であるヨークシャテリアですが、飼い主さんの中にはうちのは艶がないといった方や毛並みが悪いといった悩みを持っている方もいるとおもいます。犬も老化をしていきますので、それが原因で毛並みが悪くなるという事もありますが、そういった年齢ではないのに毛並みが悪いというのであればもしかしたらドッグフードが原因になっているかもしれません。ヨークシャテリアの被毛に艶を出したいならオススメはコラーゲンです。人間も美容にコラーゲンは大切ですが、犬にとっても大切です。毛並みを保つためにそういったドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

・気をつけるべきは栄養バランス
コラーゲンが大切なのは理解できたと思いますが、もちろんコラーゲンだけを取っていればいいというわけではありません。コラーゲンを与えてもそれ以外の栄養バランスが乱れると、艶だけではなく体力や元気の減退に繋がってしまいます。安全で品質のいいものを選ぶことによって食欲も旺盛になりますし、さらに高たんぱくのものを選ぶとよりいいです。被毛の艶やかさを保つためにはグルーミングも大切なのでドッグフードを与えるとともにグルーミングもわすれないようにしてください。

 

ちなみにヨークシャテリアの性格は聡明なので、一度嫌いになったドッグフードは口にしないくらい頑固です。さらに小型犬なので食も細いです。もしあまり食べてくれないと悩んでいるのでしたら、思い切ってドッグフードの種類を変えてみてはいかがでしょうか。ちなみに肉主体のドッグフードに変えたら割とよく食べてくれます。

 

ミニチュアダックスフンドにおすすめのドッグフード

 

・ミニチュアダックスフンドとは
見た目の特徴は胴長短足というところでしょう。愛らしく、人気の高い犬種であり、日本でも多くの方が飼っています。ただ、このミニチュアダックスフンドは実は太りやすくしっかりと考えた上で食事を与えないと肥満になっていく一方になりますので気をつけておきましょう。

 

・肥満を予防するために
飼い主さんで太りすぎを気にするという方もいるとおもいます。あまり肥満が進行してしまうと健康被害にも繋がりますので、気をつけなければいけないですが、どうすればいいのでしょうか。それは、まず食事を見直して健康をサポートするのが大切です。ただ、そこで極端になって低カロリーのドッグフードを与えるというようなことはやめてください。とにかく食べさせすぎないようにするだけでも問題ありません。食事制限をすることでストレスにもなってしまって、そこから病気に発展する可能性もありますので、愛犬が好きなドッグフードを与えて多少量を考えるようにしましょう。

 

・ドッグフードは栄養バランスを考える
ミニチュアダックスフンドというのは実は狩猟犬なので走るのが大好きな上に体力もありますので運動が非常に大切になります。また、タンパク質が不足すると元気が出ないで動きが鈍くなりますので栄養バランスを考えたドッグフードを選ぶようにしましょう。ちなみに運動をすごくした後にお腹が空いていると思って余計にドッグフードを与えるともちろん肥満に繋がりますので適量を与えるということが大切になります。

 

ミニチュア・ピンシャーにおすすめのドッグフード

 

・ミニチュア・ピンシャーとは
ドーベルマンとよく似たミニチュア・ピンシャーですが、イメージとしてはドーベルマンを小さくしたような犬です。ただ、実際には全く別の犬種であり、もちろん歩んできた歴史も違います。ドーベルマンは飼うことができなくてもミニチュア・ピンシャーなら飼えるということで人気のある犬種です。また、身体は引き締まっており筋肉も発達しているので運動が好きだというのも特徴の一つです。気品もあり頭もいいので、色々な芸を覚えるというのも魅力だといわれております。

 

・怪我に気をつける
ミニチュア・ピンシャーは筋肉が発達しているのでジャンプも高く飛べます。しかし運動能力が高いからといって激しい運動をさせすぎると膝蓋骨脱臼という怪我をしやすいので注意しましょう。運動をさせるのは構いませんが、日常的に脱臼を起こさないように配慮した上で運動をさせるということが大事なことになります。また、食事によって骨を丈夫にするということも考えてみてはいかがでしょうか。

 

・慎重に選ぶことが大事
犬を飼っているとドッグフードの選び方がわからなくて悩んでいる方が多くいます。種類も豊富なので必死に選んでも正解なのかどうかがわからずに不安でしょうがないという方が居ます。そういった方にオススメなのが無添加のドッグフードになります。とにかく犬の健康を考えるのでしたら無添加のものにするといいでしょう。そこから色々と広げていくことが大切です。

 

ミニチュア・シュナウザーにおすすめのドッグフード

 

・ミニチュア・シュナウザーとは
テリア犬の中で飼いやすいといわれているのが、このミニチュア・シュナウザーになります。性格は攻撃性が少なく、知らない人に吠えない上に賢くて従順です。身体の上に向かうほど毛が固く足の毛が長いという特徴も覚えておきましょう。このような性格や見た目の魅力があるのでミニチュア・シュナウザーは主菜ウザーの中で一番人気であり、日本でも飼っている人は多いです。ただ、飼い主が悩んでいることはどのドッグフードを上げればいいのかということが多いです。

 

・ドッグフードの選び方
ドッグフードの種類というのは非常に多く、どうしても購入の際に迷うと思います。ですのでミニチュア・シュナウザーに合ったドッグフードはどんなものなのか選び方を把握しておきましょう。まず選ぶ上でおぼえていてもらいたいのが、ミニチュア・シュナウザーは病気になりやすい犬種であるということです。尿路結石にかかる可能性が高く、尿が出にくくなったりすれば要注意です。また、それが重症化すると尿毒症になり食欲減退、さらに貧血を起こしやすくなり、最悪の場合、命を落とす危険性もありますので、それを考えた上でドッグフード選びをすることが大切です。

 

・ドッグフードは無添加
ドッグフードの良質なものといったら無添加タイプのものです。添加物が健康に影響するというのはある程度理解していると思います。人間も同じで添加物が含まれているよりも無添加の方が安心できます。無添加のドッグフードで良質な肉が主体の食材の栄養バランスを考えているものなら尚いいでしょう。適当にドッグフードを選んでいるのでしたら今後は無添加のものを選ぶといいでしょう。